BIOGRAPHY

既成の枠に囚われない柔軟な発想から生み出される独創的、かつ多様性のある楽曲、毒や皮肉を織り交ぜながらも、希望が根底に流れている歌詞、そして、オーディエンスの喜怒哀楽を激しく揺さぶるライブで支持を獲得してきた5人組ロックバンド。


2010年、一聖(Vo)、一樹(Gt)、優(Gt)、燕(Ba)の4人で始動。2011年11月に将海(Dr)が加入し、現体制となる。

卓越した演奏力と熱狂的なライブパフォーマンスが話題を呼び、2013年5月には赤坂BLITZ、12月にはZepp DiverCityにてワンマンライブを行なう。その勢いに乗り、2014年6月には日比谷野外大音楽堂、11月にはTOKYO DOME CITY HALLにてワンマンライブを開催。2015年7月には東名阪ホールツアーを、10月から翌年にまたぐ形で47都道府県ワンマンツアーを行なった。

2016年、活動5周年の集大成として行われたバンド2度目となる日比谷野外大音楽堂ワンマンを成功させた矢先、一聖が自身の誕生日である5月7日、転落事故による重症頭部外傷のため、バンドを一時離脱。再びステージに立つことは困難とすら言われていたが、まさに自身が綴った歌詞の如く、絶望的状況から見事復帰。2017年5月7日に行われた日本武道館ワンマンライブ「5+君=∞」で完全復活を遂げた。

再び5人で走り始めたBugLugは、8月9日(バグの日)に、待望のニューシングル「新人生」をリリースし、『BugLug 89の日フリーワンマンライブ「自由~ASOVIVA~区域 Revenge」』を代々木公園野外ステージにて開催。また、9月3日からは2度目の47都道府県ワンマンツアー「RESTART WITH A NEW LIFE」を行なうことになっている。

OFFICIAL LINE : https://line.me/ti/p/%40buglug
OFFICIAL TWITTER : https://twitter.com/RR_BugLug

  • 一聖

    一聖-Vocal-
    BIRTH DAY – 5/7
    BLOOD TYPE – O

  • 一樹

    一樹-Guitar-
    BIRTH DAY – 10/17
    BLOOD TYPE – AB

  • 優

    -Guitar-
    BIRTH DAY – 6/25
    BLOOD TYPE – A
    TWITTER : @you_stg

  • 燕

    -Bass-
    BIRTH DAY – 4/23
    BLOOD TYPE – A
    TWITTER : @bame_ba

  • 将海

    将海-Drums-
    BIRTH DAY – 9/29
    BLOOD TYPE – A

2017
1月7日、TOKYO DOME CITY HALLにて行われた『Resistar Records PRESENTS 「治外法権-新春だょ全員集合!!2017-」』に出演。この日も一聖を除いた4人でステージに立ったBugLugだったが、ラスト1曲を残すのみとなったところで、一聖が舞台に登場。会場全体が大歓声と涙で包まれるなか、曲を歌い終えた一聖が、日本武道館でワンマンライブを行なうことを発表する。4月5日には、バンド初のベストアルバム『絶唱~Best of BugLug~』をリリース。これまで掲げていたテーマである「希望」という言葉を軸に選曲された15曲には、1月7日に5人で披露した「TIME MACHINE」のライブ音源も含まれていて、作品のジャケットは、一聖が自ら筆をとったものである。そして、あの悪夢からちょうど1年後となる5月7日、日本武道館公演にて行なったワンマンライブ『BugLug LIVE「5+君=∞」』で完全復活を遂げた。再び5人で走り始めたBugLugは、8月9日(バグの日)に、待望のニューシングル「新人生」をリリースし、『BugLug 89の日フリーワンマンライブ「自由~ASOVIVA~区域 Revenge」』を代々木公園野外ステージにて開催。また、9月6日には日本武道館公演を記録したライブDVD『BugLug LIVE DVD「5+君=∞」』を発売したのち、9月3日からは2度目の47都道府県ワンマンツアー「RESTART WITH A NEW LIFE」を敢行する。ツアーファイナルは来年2月17日新木場STUDIO COASTにて開催。

Resistar Records PRESENTS 「治外法権-新春だょ全員集合!!2017-」
01/07 TOKYO DOME CITY HALL
BugLug LIVE「5+君=∞」
05/07 日本武道館
2016
ここまで着実に歩みを進めてきたBugLugだったが、2016年は、絶望的状況に急転直下した1年となった。毎年恒例の新春イベント「治外法権-新春だょ全員集合!!2016」で幕を開け、昨年から続いた47都道府県ツアー「GAMBLING JAPAN」を終えると、間髪開けずに2月からはツーマンツアーで全国を廻り、3月にはレーベルメイトと共にアジアツアーを敢行(全6ヶ所)。さらに、3月30日には16thシングル「V.S」を発売し、4月9日には2度目の日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブ「GO TO SICKS」を開催と、年始から慌ただしい日々を送っていた彼らだったが、一聖が自身の誕生日でもある5月7日、階段から転落。重症頭部外傷と診断された。一聖は、なんとか一命はとりとめたものの、あと30分遅ければ命を落としていた危険もあり、また、一時は復帰することは困難と診断されていた。誰もが予想だにしなかった事態に言葉を失ったが、彼の復帰を信じ、メンバー4人はライブを続けることを決断。サポートボーカルを立てることも、ボーカルトラックを流すこともなく、4人でボーカルを務めるという編成で、7月からスタートした毎夏恒例のレーベルイベント『Resistar Records PRESENTS「治外法権VOL.6」』(11公演)と、8月9日に代々木公園野外ステージで行われた『真夏の野外フリーワンマンライブ「自由〜ASOVIVA〜区域」』の舞台に立った。9月14日にライブDVD『BugLug LIVE DVD「GO TO SICKS」』を発売するものの、年内はバンドとして表立った活動を行なわず、“来るべき日”に向けた地下作業を続ける。

Resistar Records PRESENTS 「治外法権-新春だょ全員集合!!2016-」
01/03 TOKYO DOME CITY HALL
BugLug 5th Anniversary 47都道府県TOUR「GAMBLING JAPAN」
01/13 静岡・SUNASH
01/14 愛知・名古屋E.L.L
01/16 香川・高松DIME
01/17 徳島・club GRINDHOUSE
01/19 高知・X-pt.
01/20 愛媛・松山サロンキティ
01/22 広島・セカンドクラッチ(旧ナミキジャンクション)
01/24 福岡・DRUM Be-1
01/26 佐賀・GEILS
01/27 長崎・DRUM Be-7
01/30 宮崎・SR BOX
01/31 大分・DRUM Be-0
Cure Presents「ノンフィクション」
02/05 仙台darwin
02/10 広島セカンドクラッチ
02/11 福岡DRUM Be-1
02/13 大阪umeda AKASO
02/14 名古屋Electric Lady Land
02/20 赤坂BLITZ
Resistar Records PRESENTS 亜州音楽祭 in 上海
03/11 上海 浅水湾艺术中心2楼 q.house
Resistar Records PRESENTS 亜州音楽祭 in 広州
03/13 広州SD LiveHouse
Resistar Records PRESENTS 亜州音楽祭 in 深圳
03/15 深圳B10
Resistar Records PRESENTS 亜州音楽祭 in 香港
03/18 香港Music Zone@E-MAX LiveHouse
Resistar Records PRESENTS 亜州音楽祭 in 台湾
03/20 LEGACY
「GO TO SICKS」
04/09 日比谷野外大音楽堂
Resistar Records PRESENTS 치외법권 ASIA TOUR in SEOUL
04/16 KT&G サンサンマダンLIVE HALL
Japanesque Rock Collectionz Cure【Cure World Visual Festival】
04/30 新木場STUDIO COAST
89の日 真夏の野外フリーワンマンライブ「自由〜ASOVIVA〜区域」
08/09 代々木公園野外ステージ
Resistar Records PRESENTS「治外法権VOL.6」
07/18 福岡DRUM LOGOS
07/20 Kobe SLOPE
07/22 金沢AZ
07/24 新潟LOTS
08/05 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
08/07 大阪BIGCAT
08/13 浜松窓枠
08/14 名古屋BOTTOM LINE
08/19 仙台Rensa
08/21 札幌cube garden
08/26 Zepp DiverCity
「なまれじ〜下手ギター会のゆる〜いトークイベント〜」
12/13 ロフトプラスワン
2015
5周年のアニバーサリーイヤーらしく、「乾杯」というスローガンを掲げた2015年は、約2年振りとなる『BUG PANIC 2015〜ライブハウス荒らし〜』を実施。しかも、各所から出演オファーを受けつけ、小規模なライブハウスで開催されるイベントにも積極的に出演。3月6日にはclub asiaにて5周年企画「ファン超感謝祭!!!」を行なった。そして、4月1日、前作から3年振りとなる2ndフルアルバム『HAPPY BIRTHDAY KILL YOU』を発売する。通常盤は全16曲収録、音楽的表現も格段的にスケールアップ、さらにバンド結成当初から掲げていた「希望」というメッセージを色濃く反映させた超大作を完成させた彼らは、全国12ヶ所を廻るライブハウスワンマンツアー「HAPPY BIRTHDAY KILL YOU~STRAWBERRY 5HOUT CAKE~」、初の東名阪ホールワンマンツアー「HAPPY BIRTHDAY KILL YOU~STRAWBERRY HALL CAKE~」を開催する。夏には、所属レーベル主催による恒例のイベントツアー『治外法権』をはじめ、国立代々木競技場第二体育館、さいたまスーパーアリーナといった大会場で開催されるフェスへの出演、秋にはシーンの中核を担う3バンドと共に、4マンツアー「均整を乱す抗うは四拍子」を行なうなど、再びイベントライブへ集中出演をしたのち、10月7日から翌年1月31日まで続く『BugLug 5th Anniversary 47都道府県ツアー「GAMBLING JAPAN」』をスタートさせた。また、10月21日には15thシングル「幸運の女神は去りゆけど笑え」を、12月23日には『BugLug LIVE DVD「HAPPY BIRTHDAY KILL YOU~STRAWBERRY HALL CAKE~」』をリリースしている。

Resistar Records PRESENTS 「治外法権-新春だょ全員集合!!2015-」
01/04 渋谷公会堂
BUG PANIC2015~ライブハウス荒らし~
01/07 池袋EDGE
01/18 浦和ナルシス
01/19 池袋EDGE
01/23 SHIBUYA-REX
01/25 Birth Shinjuku
01/31 仙台darwin
02/01 仙台darwin
02/07 目黒鹿鳴館
02/08 SHIBUYA REX
02/14 名古屋ダイアモンドホール
02/15 大阪BIGCAT
02/18 池袋EDGE
02/22 名古屋ell.FITS ALL
02/24 柏ThumbUp
03/01 TSUTAYA O-EAST
BugLug5周年企画「ファン超感謝祭!!!」
03/06 club asia
little HEARTS. PRESENTS Sadie 10th Anniversary「THE UNITED KILLERS -DECADE-」
03/14 EX THEATER ROPPONGI
04/01 2nd FULL ALBUM「HAPPY BIRTHDAY KILL YOU」 発売
BugLug TOUR 2015「HAPPY BIRTHDAY KILL YOU~STRAWBERRY 5HOUT CAKE~」
04/12 TSUTAYA O-EAST
04/29 金沢AZ
05/02 Kobe SLOPE
05/03 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
05/09 柏PALOOZA
05/15 仙台Rensa
05/17 札幌cube garden
05/23 HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3
05/24 HEAVEN’S ROCK 宇都宮VJ-2
05/30 高崎clubFLEEZ
06/06 広島CLUB QUATTRO
06/07 福岡DRUM LOGOS
BugLug TOUR 2015「HAPPY BIRTHDAY KILL YOU~STRAWBERRY HALL CAKE~」
07/17 名古屋市芸術創造センター
07/19 松下IMPホール
07/25 渋谷公会堂
a-nation island「V-NATION」
08/05 国立代々木競技場 第二体育館
「今年も89の日がやってくる!そしてスペシャルライブも!?」え?これってタイトルじゃなかったの?じぇじぇじぇ!でも楽しそうだしこれでいいじゃんSP!
08/09 新宿Marble
FWD PRESENTS「【beauty;tricker】~渋谷が大変~」
08/10 TSUTAYA O-EAST
DARK AGES-Mode of Disorder-
08/21 TSUTAYA O-EAST
Resistar Records PRESENTS「治外法権VOL.5」
08/01 なんばHatch
08/13 仙台Rensa
08/16 名古屋ダイアモンドホール
08/23 福岡DRUM LOGOS
08/29 Zepp DiverCity
SAITAMA SUPER ARENA 15th Anniversary肉ロックフェス2015
09/13 さいたまスーパーアリーナ
均整を乱す抗うは四拍子
09/09 仙台Rensa
09/11 札幌PENNY LANE24
09/18 Zepp Nagoya
09/19 なんばHatch 1Fスタンディング
09/21 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
09/22 福岡DRUM LOGOS
09/26 新木場STUDIO COAST
SHOXX 創刊25周年記念「SHOCK WAVE 2015」
10/02 新木場STUDIO COAST
Bands Shock REVOLUTION 10th anniversary ~びじゅある祭2015~
10/04 舞洲スポーツアイランド 太陽の広場 特設ステージ(大阪)
10/21 15th SINGLE 「幸運の女神は去りゆけど笑え」発売
BugLug 5th Anniversary 47都道府県TOUR「GAMBLING JAPAN」
10/07 栃木・HEAVEN’S ROCK宇都宮VJ-2
10/09 宮城・仙台darwin
10/10 岩手・盛岡the five morioka
10/12 北海道・札幌cube garden
10/14 青森・Quarter
10/15 秋田・Club SWINDLE
10/17 山形・ミュージック昭和 Session
10/18 福島・郡山CLUB#9
10/20 新潟・GOLDEN PIGS BLACK STAGE
10/22 富山・SoulPower
10/24 石川・金沢vanvan V4
10/25 福井・CHOP
10/28 岐阜・柳ヶ瀬ANTS
10/29 三重・松坂M’AXA
10/31 京都・KYOTO MUSE
11/01 大阪・OSAKA MUSE
11/03 和歌山・CLUB GATE
11/05 岡山・岡山IMAGE
11/07 鳥取・米子AZTiC laughs
11/08 島根・松江AZTiC canova
11/10 山口・周南TIKI-TA
11/12 兵庫・神戸VARIT.
11/14 奈良・NEVERLAND
11/15 滋賀・B-FLAT
11/18 熊本・B.9 V2
11/19 鹿児島・SR HALL
11/22 沖縄・桜坂セントラル
11/23 沖縄・桜坂セントラル
11/29 東京・恵比寿LIQUIDROOM
12/02 埼玉・HEAVEN’S ROCK熊谷VJ-1
12/03 群馬・高崎club FLEEZ
12/05 長野・LIVE HOUSE J
12/06 山梨・甲府KAZOO HALL
12/10 神奈川・横浜F.A.D
12/12 茨城・水戸LIGHT HOUSE
12/13 千葉・柏Thumb Up
12/23 BugLug LIVE DVD「HAPPY BIRTHDAY KILL YOU~STRAWBERRY HALL CAKE~」 発売
「Tokyo Chaos 2015」
12/31 国立代々木競技場 第二体育館
2014
勢いをさらに加速させるべく、2014年に掲げたスローガンは、ずばり「ぶっちぎり」。2月19日にライブDVD「BugLug ONEMAN TOUR 2013「凱旋行進~GAISEN PARADE~」FINAL『東京襲来』」を発売、3月19日に発売した13thシングル「骨」はオリコンウィークリーチャート4位を記録。「人としてもっと本質的な部分を見て欲しい、愛して欲しい」というメッセージを掲げたBugLug流ラブソングをたずさえて、東名阪ワンマンツアーを開催。大阪BIGCAT公演(5月16日)は「ぼくらの未来」、名古屋BOTTOM LINE公演(5月17日)は「閃く潜在性」、そして、ツアーファイナルの日比谷野外大音楽堂公演(6月8日)は「太陽と月が在る限り」と、各公演の内容が異なったコンセプチュアルなライブとして行なった。この年のバグの日(8月9日)は、新宿ステーションスクエアにてゲリラライブを開催。合計3500人超の人々が目撃した。9月24日にリリースした14thシングル『JUGEMU』も、オリコンウィークリーチャート4位にランクイン。「人間の記憶の曖昧さ」を題材にした、儚くも力強い同曲を世に放った2日後、9月26日から全国7ヶ所8公演を廻るワンマンツアー「寿限夢」が開幕。しかし、オフィシャルモバイルサイト“”ポケットばぐらぐ”限定で行われた初日のTSUTAYA O-EAST終了後、将海が急性腰痛症のため、2週間活動を休止するというアクシデントが発生。ツアーの合間を縫う形で出演したイベントライブには、レーベルメイトであるDOG inTheパラレルワールドオーケストラの緩菜を迎えた編成で行なった。ツアー再開の福岡DRUM Be-1公演(10月11日)から、将海が無事復帰。11月30日、TOKYO DOME CITY HALLにてツアーファイナルとなる『BugLug ONEMAN TOUR 2014 FINAL「寿限夢~音楽のすゝめ~」』を行なった。12月17日には昨年の日比谷野音公演をパッケージしたライブDVD『BugLug LIVE DVD「太陽と月が在る限り」」を発売する。

Resistar Records PRESENTS 「治外法権-新春だょ全員集合!!2014-」
01/05 赤坂BLITZ
「KING GHIDORAH」
02/12 SHIBUYA-AX
02/19 BugLug LIVE DVD BugLug ONEMAN TOUR 2013「凱旋行進~GAISEN PARADE~」FINAL『東京襲来』発売
little HEARTS. Presents 「MY little HEARTS. Tour Edition vol.4 」
02/19 福岡DRUM Be-1
02/21 大阪BIG CAT
02/23 名古屋E.L.L
02/25 仙台darwin
03/02 TSUTAYA O-EAST
03/19 13th SINGLE「骨」発売
BugLug×アンティック-珈琲店- 筆下ろしツーマンツアー「SM~SCRAP MONSTERS~」
04/05 日比谷野外大音楽堂
04/12 浜松窓枠
04/13 神戸VARIT.
04/19 HEAVEN’SROCKさいたま新都心 VJ-3
04/20 水戸ライトハウス
04/23 札幌cube garden
04/26 仙台darwin
04/27 高崎club FLEEZ
04/29 柏PALOOZA
05/03 岡山IMAGE
05/04 高松DIME
05/05 広島ナミキジャンクション
05/10 福岡DRUM Be-1
05/11 熊本DRUM Be-9 V1
BugLug 東名阪ONEMAN TOUR 「ぼくらの未来」
05/16 大阪BIGCAT
BugLug 東名阪ONEMAN TOUR 「閃く潜在性」
05/17 名古屋BOTTOM LINE
BugLug 東名阪ONEMAN TOUR 「太陽と月が在る限り」
06/08 日比谷野外大音楽堂
NoGoD DANCHO PRESENTS「BIG MOUTH ROCK FESTIVAL-2014-」
06/14 CLUB CITTA’川崎
BREAKOUT祭2014 Day01
07/19 Zepp DiverCity TOKYO
今年も89の日がやってきた!今年はなんとゲリラライブ!?さぁさぁ皆様方寄ってらっしゃい見てらっしゃい!
いつやるの!?どこでやるの!?誰がやるの!?
それがわからないからゲリラライブなんでしょうが!スペシャル!!!
08/09 新宿ステーションスクエア
89の日 記念キャンペーン サイン会
08/09 little HEARTS.SHINJUKU
Resistar Records PRESENTS 『治外法権VOL.4』
07/24 Kobe SLOPE(神戸WYNTERLAND)
07/26 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
07/27 福岡DRUM LOGOS
08/02 札幌cube garden
08/03 札幌cube garden
08/16 仙台Rensa
08/17 新潟LOTS
08/23 大阪BIG CAT
08/24 名古屋BOTTOM LINE
08/28 Zepp DiverCity
08/30 TSUTAYA O-EAST (れじ☆モバ会員限定)
「MONSTER BOX Vol.01」
09/06 渋谷WWW
09/24 14th SINGLE 「JUGEMU」発売
テレ玉35周年記念「HOT WAVE 大大大感謝祭」
10/04 CLUB CITTA’川崎
littleHEARTS. 6th Anniversary
littleHEARTS. presents「MY littleHEARTS. Special Edition Vol.6」
10/18 Zepp Tokyo
11/03 仙台イズミティ21
BugLug ONEMAN TOUR 2014「寿限夢」
09/26 TSUTAYA O-EAST(ポケットばぐらぐ会員限定)
10/11 福岡DRUM Be-1
10/13 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
10/29 札幌cube garden
10/31 仙台darwin
11/06 名古屋BOTTOM LINE
11/07 大阪BIGCAT
FWD PRESENTS「【beauty;tricker】vol.2」
11/13 TSUTAYA O-EAST
BugLug ONEMAN TOUR 2014 FINAL「寿限夢~音楽のすゝめ~」
11/30 TOKYO DOME CITY HALL
12/17 BugLug LIVE DVD「太陽と月が在る限り」発売
Over The Edge’14
12/31 渋谷公会堂
2013
彼らに注がれる視線や期待をすべて請け負うと言わんばかりに「ばっちこい2013」というスローガンを掲げたこの年は、まず、1月4日に渋谷O-EASTで開催したレーベルイベント『Resistar Records Presents 治外法権-新春だょ全員集合!!2013-』に出演(この年以降、この新春イベントは毎年恒例行事となる)。2月20日にライブDVD『BugLug LIVE DVD「GOOD BYE」』を発売。バンド初の映像作品をオリコンDVDウィークリーランキング10位に送り込むと、3周年を迎えた感謝の気持ちを込めて、3月9日には、Studio ALTAにて『Studio ALTA BEAT LINE TV. presents<BugLugファン大感謝祭!!!>』を開催。さらに、3月20日には8thシングル「R.I.P」、9thシングル「BUKIMI」、10thシングル「Live to Love」を3枚同時で発売する。同作は、オリコンウィークリーチャートで「BUKIMI」が17位、「R.I.P」が18位、「Live to Love」が19位と、すべてTOP20入りを記録。リリース前からメーカー在庫即日完売し、瞬く間に入手困難な状況となったことから、後日、各表題曲+αを収録した11thシングル「文明開化」を急遽リリースすることとなった。また、名古屋E.L.L(4月28日)、大阪MUSE(4月29日)、赤坂BLITZ(5月3日)の3ヶ所で行われた東名阪ワンマンライブ「-BUNMEIKAIKA-」は、全会場ソールドアウト。名古屋公演に関しては当初はell.FITS ALLで予定していたものの、即完売のため会場を変更。それも即ソールドアウトという好況ぶりを見せた。毎年恒例の「バグの日」は、大阪アメリカ村 三角公園前 RIBIAビジョンにてフリーライブを開催し、約3000人が熱狂。9月25日にリリースされた12thシングル「HICCHAKA×MECCHAKA」は、オリコンウィークリーチャートで5位を記録。同作を掲げて行われた全国7ヶ所のワンマンツアー「凱旋行進〜GAISEN PARADE〜」の最終公演(12月15日)を『東京襲来』と題し、Zepp DiverCityにて行なうなど、チャートアクション、認知度、ライブ会場のキャパシティなど、様々な面で大きな躍進を遂げた1年となった。

Resistar Records Presents 治外法権-新春だょ全員集合!!2013-
01/04 渋谷O-EAST
little HEARTS. Presents「MY little HEARTS. Tour Edition Vol.1」
01/26 岡山IMAGE
01/27 福岡DRUM Be-1
01/29 松山サロンキティ
02/01 金沢AZ
02/03 仙台darwin
02/09 クラブチッタ川崎
02/10 名古屋E.L.L
02/11 アメリカ村BIGCAT
02/15 恵比寿LIQUIDROOM
02/20 BugLug LIVE DVD「GOOD BYE」発売
Studio ALTA BEAT LINE TV. presents「BugLugファン大感謝祭!!!」
03/09 Studio ALTA
03/20 3タイトル同時RELEASE
8th SINGLE「R.I.P」/9th SINGLE「BUKIMI」/10th SINGLE「Live to Love」発売
BugLug 東名阪ONEMAN LIVE「-BUNMEIKAIKA-」
04/28 名古屋E.L.L 
04/29 大阪MUSE 
05/03 赤坂BLITZ
05/03 赤坂BLITZ会場限定盤「文明開化」発売
05/22 11th SINGLE「文明開化」【一般流通盤】発売
「V-BAND 祭」
05/25 名古屋E.L.L 
05/26 大阪MUSE
“ポケットばぐらぐ”会員限定ライブ 「裏・文明開化〜After Party〜」
06/22 恵比寿LIQUIDROOM
little HEARTS. Presents「MY little HEARTS. Tour Edition Vol.2」
07/14 梅田AKASO
07/15 名古屋ボトムライン
07/26 恵比寿LIQUIDROOM
NoGoD DANCHO PRESENTS「BIG MOUTH ROCK FESTIVAL-2014-」
06/14 CLUB CITTA’川崎
Resistar Records PRESENTS 『治外法権 VOL.3』
07/20 柏PALOOZA
07/21 HEAVEN’S ROCKさいたま新都心 VJ-3
07/27 水戸ライトハウス
07/28 郡山#9
07/30 仙台darwin
08/02 札幌cube garden
08/03 札幌cube garden
08/06 新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
08/08 金沢AZ
08/10 KYOTO MUSE
08/11 神戸VARIT.
08/14 岡山IMAGE
08/15 高松DIME
08/17 松山サロンキティ
08/18 広島ナミキジャンクション
08/20 福岡DRUM Be-1
08/21 熊本DRUM Be-9
08/24 umeda AKASO
08/25 名古屋E.L.L
08/31 Shibuya O-EAST
大阪アメリカ村 三角公園前 RIBIAビジョン フリーライブ
08/09 大阪アメリカ村 三角公園前 RIBIAビジョン
09/25 12th SINGLE「HICCHAKA×MECCHAKA」発売
BugLug ONEMAN TOUR 2013「凱旋行進〜GAISEN PARADE〜」
10/18 広島ナミキジャンクション
10/19 福岡DRUM SON
10/26 仙台HooK
10/29 札幌cube garden
11/03 大阪umeda AKASO
11/04 名古屋E.L.L
11/06 BugLug LIVE DVD「-BUNMEIKAIKA-」発売
X-NIGHT FINAL IMPACT 1ST ATTACK!
11/09 新宿BLAZE
BugLug ONEMAN TOUR 2013「凱旋行進~GAISEN PARADE~」FINAL 『東京襲来』
12/15 Zepp DiverCity
Over The Edge’13
12/31 渋谷公会堂
2012
2012年は、BugLugが大きな飛躍を遂げた1年となった。2月10日に主催イベント「バグサミ」(@恵比寿リキッドルーム)を開催、2月22日に6thシングル「ギロチン」を発売した5人は、4月7日に渋谷WWWで行なったワンマンライブ「ワープ・ワンダー・ワールド」にて、「欲張ります2012年」というスローガンを発表。それと同時に、7月4日に7thシングル「KILLER×KILLER×KILLER」、8月8日に待望の1stフルアルバム『G.A.G』を発売し、8月30日にshibuya O-WESTにてワンマンライブ『完全世界』を開催することを発表した。なお、『完全世界』は当初東京公演のみの予定だったが、チケットの一般発売を前に完売寸前となったため、急遽、大阪/名古屋での追加公演が決定し、東名阪ワンマンツアーとして開催。結果、3ヶ所すべてソールドアウトしたことは、彼らがどれだけリスナーに求められているかが色濃く表れたトピックでもあっただろう。また、BugLugは8月9日を「バグの日」と称し、様々なイベントを行なうことが毎年恒例になっているが、それがスタートしたのがこの年。記念すべき第一回の内容は、12時間のインターネット生放送だった。さらに、9月28日から11月19日まで、イベントツアー『BUGPANIC2012~今年の秋も強気です~』を実施。全国各地のライブハウスを熱狂させ、12月13日、shibuya O-EASTにて『ONEMAN LIVE「GOOD BYE」』を開催。一気にライブ会場の規模を拡大させ、若手筆頭株として躍り出た。

関東圏7都市 Dolly主催ツアー「Seven colors on palette」
01/08 江坂MUSE
01/09 名古屋E.L.L
01/14 浦和Narciss
01/15 柏PALOOZA
01/20 横浜SUNPHONIX HALL
02/10 恵比寿LIQUID ROOM「バグサミ」
02/22 6th SINGLE「ギロチン」発売
ResistarRecords PRESENTS 『治外法権 VOL.2』
02/23 HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2
02/24 仙台HooK02/26 札幌cube garden
03/01 名古屋E.L.L
03/02 大阪ROCK TOWN
03/04 金沢vanvan V4
03/06 神戸太陽と虎
03/08 岡山IMAGE
03/09 福岡Drum Be-1
03/11 小倉FUSE
03/17 恵比寿LIQUID ROOM
BugLug ONEMAN LIVE『ワープ・ワンダー・ワールド』
04/07 渋谷WWW
shift side presents「Neo Innovator」
05/17 高田馬場AREA
「3」
05/25 仙台HooK
Like an Edison PRESENTS EDISIDE-AGAIN-
05/28 名古屋E.L.L
06/04 赤坂BLITZ
「30min×5」
06/16 Shibuya O-WEST
06/22 名古屋ell.FITS ALL
07/04 7th SINGLE「KILLER×KILLER×KILLER」発売
07/06 高田馬場AREA
08/08 1st FULL ALBUM「G.A.G」発売
V-Love☆Live Vol.2 -Powered by HYPER JAPAN-
08/17 Shibuya O-EAST
BugLug ONEMAN LIVE『完全世界』
08/24 大阪ROCK TOWN
08/26 名古屋ell.FITS ALL
08/30 Shibuya O-WEST
『BUGPANIC2012~今年の秋も強気です~』
09/28 大阪MUSE
09/29 名古屋E.L.L
10/05 横浜サンフォニックスホール
10/07 札幌KRAPS HALL
10/12 仙台MACANA
10/17 新宿LOFT
10/23 岡山IMAGE
10/24 広島ナミキジャンクション
10/26 福岡DRUM LOGOS
10/28 熊本DRUM Be-9 V1
10/31 大阪BIG CAT
11/01 名古屋E.L.L
11/02 仙台HooK
11/06 福岡DRUM Be-1
11/08 Shibuya O-EAST
11/09 名古屋Heart Land
11/10 大阪MUSE
11/12 Shibuya O-WEST
11/16 新宿BLAZE
11/19 恵比寿LIQUIDROOM
BugLug ONEMAN LIVE『GOOD BYE』
12/13 Shibuya O-EAST
Over The Edge’12
12/31 渋谷公会堂
2011
2月5日に行なった『1st ONEMANSHOW「娯楽-ASOBIBA-区域」』(@新宿Marble)が、チケット発売即日ソールドアウトという好況で幕を開けた2011年は、4月13日に3rdシングル「絶交悦楽論」を発売。これまで打ち出してきたポップな曲調から一転、ハードでシリアスな方向に振り切ったこの曲は、BugLugにおけるひとつのターニングポイントとなった。同作を掲げ、5月1日にはSHIBUYA BOXXで『BugLug ONEMANSHOW「絶好NO1ZE」』を開催する。7月20日に発売した4thシングル「KAIBUTSU」を持って、この年からスタートした所属レーベルの主催イベント『Resistar Records PRESENTS 「治外法権」』に参加。その後も積極的にイベントライブに出演を続けていくなか、11月に開催した東名阪ワンマンライブ『GO ON HOLIDAY -轟音休日-』の最終日で、同年9月よりサポートドラムを務めていた将海が、バンドに正式加入することを発表。現体制としての初作品となる5thシングル「SHOW 2 GLOW」を12月7日にリリースする。

東京ミカエル。主催 『パレット』
01/08 HOLIDAY SHINJUKU
01/15 HOLIDAY NAGOYA
01/16 HOLIDAY OSAKA
01/13 高田馬場AREA
BugLug 1st ONEMANSHOW「娯楽-ASOBIBA-区域」
02/05 新宿Marble
「CRUSH! the PARTY!!!!」
02/07 Shibuya O-EAST
02/18 池袋 Black Hole
02/22 名古屋E.L.L
02/24 OSAKA MUSE
02/25 名古屋HeartLand
02/27 横浜SUNPHONIX HALL
03/02 渋谷club asia
03/04 池袋Black Hole
03/10 高田馬場AREA
03/25 浜松FORCE
03/28 名古屋ell.FITS ALL
03/31 福岡DRUM Be-1
04/02 心斎橋FANJ-twice
04/10 池袋CYBER
04/18 高田馬場AREA
「6」
03/06 高田馬場AREA
04/13 3rd SINGLE「絶交悦楽論」発売
BugLug ONEMANSHOW「絶好NO1ZE」
05/01 SHIBUYA BOXX
05/26 高田馬場AREA
06/05 高田馬場AREA
06/10 仙台HooK
06/13 高田馬場AREA
06/20 心斎橋soma
06/24 名古屋ell.FITS ALL
06/25 大阪RUIDO
07/01 高田馬場AREA
07/06 高田馬場AREA
07/20 4th SINGLE「KAIBUTSU」発売
07/06 高田馬場AREA
SCUBER DIVE~渋谷が大変~2011
08/01 Shibuya O-EAST、O-WEST、O-Crest、O-nest、duo MUSICEXCHANGE、clubasia、VUENOS、+α
Resistar Records PRESENTS『治外法権』
07/23 仙台HooK
07/30 OSAKA MUSE
07/31 名古屋ell.FITS ALL
08/06 福岡DRUM Be-1
08/07 広島ナミキジャンクション
08/14 Shibuya O-WEST
08/29 池袋BlackHole
09/03 高田馬場AREA
09/30 札幌KRAPS HALL
10/01 札幌KRAPS HALL
10/04 仙台HooK
10/06 新潟GOLDEN PIGS RED
10/07 金沢AZ
10/08 長野JUNK BOX
10/12 広島ナミキジャンクション
10/14 福岡DRUM Be-1
10/16 熊本DRUM Be-9
10/18 松山サロンキティ
10/19 高松DIME
10/21 岡山IMAGE
10/22 神戸VARIT.
10/24 大阪BIG CAT
10/25 名古屋ElectricLadyLand
10/29 岡山CRAZY MAMA KINGDOM
10/30 小倉FUSE
10/31 Shibuya O-EAST
11/06 仙台darwin
『GO ON HOLIDAY -轟音休日-』
11/19 HOLIDAY NAGOYA
11/20 HOLIDAY OSAKA
11/26 HOLIDAY SHINJUKU
12/04 高田馬場AREA
12/07 5th SINGLE「SHOW 2 GLOW」発売
Resistar Records Presents 『治外法権 特別編~歳末大感謝祭~』
12/30 渋谷WWW
2010
1月27日に1stミニアルバム『SUPER NOVA』をリリース。3月6日には渋谷club asiaで『1st MINI ALBUM 「SUPER NOVA」初回盤・通常盤W購入者対象無料ワンマンLIVE』を開催し、正式始動する。間髪を入れずに、4月には1stシングル「ASOBIZ」を、8月には2ndシングル「メイドインマイン。」を発売し、東名阪主催イベント『BUG’s Tricks Capture1~規格外のスマイル~』を開催する。さらに11月、12月には『遊び盛り-BUG PANIC2010-』と題し、イベントライブへ積極的に出演するなど、初年度からリリース、ライブ攻勢に打って出た。

01/27 1st MINI ALBUM「SUPER NOVA」発売
1st MINI ALBUM 「SUPER NOVA」初回盤・通常盤W購入者対象無料ワンマンLIVE
03/06 渋谷club asia
SPEED DISC PRESENTS『桜華乱舞TOUR’10』
03/30  名古屋ell.FITS ALL
03/31  大阪FAN J-twice
04/07 1st SINGLE「ASOBIZ」発売
EXTRA-TERRITORIAL
04/29 名古屋E.L.L
04/30 心斎橋BIGCAT
05/05 SHIBUYA-AX
07/06 OSAKA MUSE
SCUBER DIVE10~渋谷が大変~
08/02 Shibuya O-EAST,Shibuya O-WEST,Shibuya O-Crest,Shibuya O-nest,duo MUSIC EXCHANGE,CLUB asia
08/18 2nd SINGLE「メイドインマイン。」発売
BugLug東名阪主催イベント『BUG’s Tricks Capture1~規格外のスマイル~』
08/20 名古屋ell.FITS ALL
08/21 心斎橋RUIDO
08/28 原宿アストロホール
09/04 大阪RUIDO
09/05 名古屋ell.FITS ALL
09/08 高田馬場AREA
09/14 高田馬場AREA
09/17 新潟JUNKBOXmini
09/18 高田馬場ESPホール
09/23 高田馬場AREA
09/24 大阪MUSE
09/26 NAGOYA HOLIDAY
10/22 池袋BlackHole
10/28 HOLIDAY SHINJUKU
10/29 新宿RUIDO K4
『遊び盛り-BUG PANIC2010-』
11/01  高田馬場AREA
11/07  高田馬場AREA
11/12  池袋RUIDO K3
11/18  高田馬場AREA
11/22  渋谷STAR LOUNGE
11/28  高田馬場AREA
11/29  高田馬場AREA
12/01  福岡DRUM Be-1
12/03  名古屋ell.SIZE
12/05  岡山IMAGE
12/06  OSAKA RUIDO
12/08  池袋Black Hole
12/11  高田馬場AREA
12/13  渋谷O-WEST
12/14  SHIBUYA BOXX
12/18  東高円寺二万電圧
12/21  高田馬場AREA
12/30  高田馬場AREA
2009
11月12日、オフィシャルサイトがオープン。この時点ではメンバー全員のシルエット姿のみを公開し、楽曲(「-7-」)を無料先行配信するという異例のプロモーション展開が話題を集め、口コミのみで1万回以上のダウンロード数を記録。そして、サイトオープンと同時にスタートしていた謎のカウントダウンがゼロになった12月19日正午、アーティスト写真を解禁。一聖、一樹、優、燕による4人組バンドであることを明らかにした。

11/12 BugLugサイトOPEN!!
12/19 正体を解禁!!!!